ARCHIVES - 180729 JNCC 第6戦 ドリーミン ほうのき
 
 

☆ 最高補償 5000万円:観客の方は「入場口で手続きを行う」ことを条件に、保険料をJNCCが肩代わりする「無料 観戦傷害保険加入サービス」ご利用ください!/
☆ 前日土曜 14 : 00 から行われる JNCC- XCマシン試乗会 は、エントラントでなくても/500円の掛け捨て保険で参加/できます。
JNCC 第6戦「ドリーミン ほうのき」の/COMPスタートは 2月25日 「 12 : 30 」 ~ LIVEリザルトをお見逃しなく!
 
 
 
JNCC ドリーミン ほうのき"LIVE.リザルト/.・・・////・・・///.OFFICIAL/リザルト・・・・/タイスケ・・フェイスブック
 
 
 
 
.LIVEリザルト有益情報:「最終順位」「RACEタイム」「周回数」「全周回 順位」「全周回 ラップタイム」「全周回 通過タイム」「全周回 順位推移」(*ライダー名 をクリックしてください)

//「 JNCC 第6戦 」 辺学 台風一過のほおのきラウンドでついに1勝・.Response 速報!////


ドリーミン ほうのき 公式 4K ダイジェストムービー


ドリーミン ほうのき 速報 TK-HCムービー


( 画像クリックで拡大しても 高精緻 をキープする「 PDF 」を!)
 
 


 
 
 

 



JNCC 第6戦 MEDIAレポート
by JNCC MEDIA

ドリーミン ほうのき
7月29日開催

岐阜県高山市丹生川町

 台風を押し退け、1年ぶりにあの男が優勝!

 
 
 
 
 
前回のジョニエル-Gで♯1小池田 猛選手が転倒。肋骨3本骨折により、今大会の出場が危ぶまれていたが、さすがはチャンプ。きっちり調整してスタートラインに並んだ。事前に話を伺うと、かなり筋力が落ちているためベストコンディションとは言い難く、3位入賞が目標とのこと。
 
スタートフラッグが振られ、真っ先に飛び出したのは♯13齋藤 祐太朗選手(宗七音響 Wise Beta Team)。病み上がりの♯1小池田選手が必死に食らいつく。そこに♯2渡辺 学選手(Twister Racing)、♯3鈴木 健二選手(Blue Riders with YAMALUBE)が割って入り、♯3鈴木選手、♯2渡辺選手、♯1小池田選手の順で1周目後半に突入。そしてクリフハンガーを下りた先で、♯3鈴木選手と♯2渡辺選手が痛恨のミスコース。♯1小池田選手もエスケープルートを逆走しかけたが、すぐに気が付いてUターン。1周目はトップ通過だ。
 
♯1小池田選手は4周目までトップを堅持したが、♯2渡辺選手の猛攻に屈し、2位に後退。7周目から10周目までは新型YZ450FXを駆る♯3鈴木選手がトップを快走。そのまま逃げ切るかと思いきや、11周目に♯2渡辺選手が首位を奪還。最終的には♯2渡辺選手、♯3鈴木選手、♯1小池田選手の順でゴールした。♯2渡辺選手の優勝は昨年の第5戦、ドリーンほうのき以来、1年ぶり。ほうのきとの相性、いいですね。おめでとうございます!

・2018 COMP クラス別ランキング ・・・・

 
 
 


 
 
 

♯2 渡辺 学 選手 (Twister Racing)のコメント
スタート直後、健二さんとコースミスをした瞬間に心がガッツリ折れてですね…。上手くも走れないし、全然ペースも上がらなかったんで、これはヤバいなぁと思ってたんですけど、1時間、2時間ぐらいしてからラインも分かってきて、マシンもコントロール出来るようになってきたんで、ペースが上がりました。コースサイドに応援してくださる方がいたり、スタート10分前までセッティングしてくださった方のためにも、僕が楽するワケにはいかないと思いました。ありがとうございました!
 
 
 
 
 


 
 
 

♯3 鈴木 健二 選手 (Blue Riders with YAMALUBE)のコメント
前回は85のデビュー戦で、今回は新しい450FXのデビュー戦ということで、どうにか勝ちたかったんですけど、やっぱりオジサン、体力なかったです。若いのには勝てませんでした(笑)。中盤、どうにかトップに立てて、マシンはすごく良くて、体力のなさをマシンに助けられました。たぶん、次の糸魚川には試乗車が用意できると思うので、皆さん是非、このバイクに興味ある方は乗って見て下さい。
 
 
 
 
 


 
 
 

♯1 小池田 猛 選手 のコメント
前回の怪我で、あまりバイクに乗れていませんでした。今回のコースは下りがハードで、ちょっと踏ん張りが利かなかったですけど、3番手に上がれて良かったです。応援して下さってるスポンサーの皆さん、ありがとうございました。
 
 
 
 
 


 
 
 

♯7 中島 敬則 選手 (レーシングチーム鷹)のコメント
最初、3~4周目あたりまで混戦で、すごく楽しいレースが出来ました。また絡めるように頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 


 
 
 

♯9 釘村 忠 選手 (Team Target With㈱ミヤキ)のコメント
皆さん、今日は応援ありがとうございました。給油を手伝ってくださった方、ホントに助かりました。ありがとうございます。次またスポットで出るかもしれないので、
そのときはよろしくお願いします。
 
 
 
 
 


 
 
 

♯13 齋藤 祐太朗 選手 (宗七音響 Wise Beta Team)のコメント
とても楽しいコースを走れて面白かったです。これ以上ないぐらいのフルメンバーで、個人的には6位に入れたので満足しています。タイヤはブリヂストンのX20がグリップしてくれて、走りを助けてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AA2[最上級者(有資格者限定)2スト200cc / 4スト250ccまで]
♯01渋谷 清幸選手(チーム シブヤ)が圧倒的な速さを誇った。全周回トップで完全優勝。ランキングも今回200ポイントを加算しトータル670。ランキングトップの♯03松尾 英之選手(FFF Racing & stars trading)は今回4位で100ポイントを加算し、トータル720ポイントとなっただけに、今後の展開が大いに楽しみだ。
 
 
 


 
 
 

♯01 渋谷 清幸 選手 (チーム シブヤ)のコメント
数日前に誕生日を迎えてさらにオジサンになったんですけど、若いライダーと楽しんで走れるように今後もがんばります。
 
 
 
 
 

♯018 真田 治 選手 (YSP富山東 & 札幌高見道 & Mc japan)のコメント
久しぶりに立たせてもらいました。ありがとうございます。ジジイなんで、今日の朝、堪えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、COMP-AA1優勝♯2渡辺 学選手(Twister Racing)、同2位♯3鈴木 健二選手(Blue Riders with YAMALUBE)、同3位♯1小池田 猛選手、同4位♯7中島 敬則選手(レーシングチーム鷹)、同5位♯9釘村 忠選手(Team Target With㈱ミヤキ)、同6位♯13齋藤 祐太朗選手(宗七音響 Wise Beta Team)、COMP-AA2優勝♯01渋谷 清幸選手(チーム シブヤ)、同2位♯018真田 治選手(YSP富山東 & 札幌高見道 & Mc japan)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

COMP-GP

 
A[上級者(有資格者限定)]
COMP-Aは事実上、♯163上田 康平選手(KYB)と♯114大村 尚成選手(YSP豊川Racing Team豊橋友の会)の一騎打ちという展開に。1周目にリードを奪ったのが♯114大村選手。しかし、天下は続かず2周目以降は163上田選手の後塵を喫し、♯163上田選手が初優勝を遂げた。ランキングトップは依然として♯114大村選手だ。
 
 
 


 
 
 

♯163 上田 康平 選手 (KYB)のコメント
3回目なんですけど、やっと勝てました。やっぱりKYBのキットサスっていいんだなと実感できました。健二さんも出してもらってると思うんですけど、ヤマハさんのFXにもキットサスが付いてると思うんで、次の糸魚川で試乗してもらえればと思います。
 
 
 
 
 

♯114 大村 尚成 選手 (YSP豊川Racing Team豊橋友の会)のコメント
上田さんが速すぎて、2番にしかなれませんでした。今回もシンコータイヤさんの525のチータを履いたんですけど、3時間ずっとグリップしてくれて、最後まで楽に走ることが出来ました。ランキング争いも、神馬君とたぶん210点差になったので、次は神馬君よりも前でゴールしてチャンピオンを決めたいと思います。
 
 
 
 
 

♯160 高輪 喜樹 選手 (TE SPORT KYB)のコメント
1周目でぶっ飛んで、フロントタイヤがパンクしちゃったんですけど、諦めたくなかったので頑張って前を追いかけたんですけど、追いつけなくて終わっちゃいました。ここ何戦か不調でエンデューロのコースに対応出来なかったんですけど、少し調子が戻ってきてるので、次も頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 

♯02 永木 雄二 選手 (ハスクバーナ札幌)のコメント
いつもしんどいですが、今日はよりしんどくて大変でした。いつもサポートしてくれるミシュランタイヤ、ハスクバーナ札幌、他多くの皆さま、ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯163上田 康平選手(KYB)、同2位♯114大村 尚成選手(YSP豊川Racing Team豊橋友の会)、同3位♯160高輪 喜樹選手(TE SPORT KYB)、同4位♯02永木 雄二選手(ハスクバーナ札幌)、同5位♯05小木曽 俊輔選手(Team AK with KRCカワセレーシング)、同6位♯01神馬 匠選手(OLD-KIDS YSP磐田&KYT)、同7位♯183河瀬 英明選手(KRC)、同8位♯03内嶋 亮選手(DYNOCO)、同10位♯127橋場 久志選手(バイクボンバーDID)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

COMP-GP

 
B[中上級者(有資格者限定)]
♯301井口 侑耶選手(Team AK with KRC & バイクボンバー)の快進撃はいつまで続くのか!? ついに開幕6連勝を達成。ランキングポイントはトータルで1200ポイントとなり、2位の♯307鈴木 巧選手(Team YEC & YMC)が今回欠場したため、早々にシリーズ優勝を勝ち取った。
 
 
 


 
 
 

♯301 井口 侑耶 選手 (Team AK with KRC & バイクボンバー)のコメント
Team AKをはじめKRC & バイクボンバーの皆さま、コースサイドで応援、サポートしてくださった皆さま、ありがとうございました。地元開催ということで、友達、知り合い、たくさんの人が駆けつけてくれて、絶対に勝ちたいラウンドでもあったので、ここに立てて嬉しく思います。あと今回からEtheNさんのゴーグルを使わせてもらってるんですけど、すごくワイドで視界も良くて、最後までクリアな感じで走ることが出来て良かったです。
 
 
 
 
 

♯372 樋口 翔馬 選手 (Team K.M.R + YMC)のコメント
すごく楽しく走れました。香高さんとすっと一緒だったので、心臓がドキドキして楽しかったです。
 
 
 
 
 

♯326 香高 弘樹 選手 (TEAM SPEED 林道単車会)のコメント
雨のレースだと思ってたんですけど、ハイスピードになっちゃって怖かったです。最後の1時間、2位の樋口選手とずっとべったりで、根性試しみたいなレースでした。非常に興奮しました。すごく楽しかったです!
 
 
 
 
 

♯321 津ヶ谷 宗一郎 選手 (前田制作&YSP浜北大橋)のコメント
予想以上にコンディションが良くて助かりました。ホントはトップ3に入りたかったんですが、ランキングを争っている選手に差をつけられたので良かったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯301井口 侑耶選手(Team AK with KRC & バイクボンバー)、同2位♯372樋口 翔馬選手(Team K.M.R + YMC)、同3位♯326香高 弘樹選手(TEAM SPEED 林道単車会)、同4位♯321津ヶ谷 宗一郎選手(前田制作&YSP浜北大橋)、同5位♯437後藤 宙選手(MOTOCOWBELL RT)、同6位♯308福井 要選手(風人会)、同7位♯320辻 夏海選手(YMEF&前田制作)、同9位♯328長嶺 佐登志選手(イエローフラッグ&SKOC)、同10位♯361清野 利幸選手(ワールドレーシングwithダートパワーズ)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

COMP-GP

 
R[XC出場経験がそれなりにある中級者]
序盤は♯706田沼 禎将選手(NRK racing)がレースを引っ張っていたが、6周目に惜しくもリタイヤ。代わりにトップに立ったのが♯807川口 芳男選手。そのままチェッカーフラッグを受けると思いきや、着実に順位を上げてきた♯635山内 慎也選手(NARLEEZ ギッチャン)が最終ラップで首位に立ち、劇的な初優勝。おめでとうございます! なお、ランキングトップは依然として♯706田沼選手だ。
 
 
 


 
 
 

♯635 山内 慎也 選手 (NARLEEZ ギッチャン)のコメント
今年からCOMP-Rに出させてもらって、1位を獲れるようになったことに感無量です。僕をこの世界に引っ張ってくれたNARLEEZの皆さんには感謝しています!
 
 
 
 
 

♯807 川口 芳男 選手 のコメント
久しぶりにJNCCに参加しまして、歳が歳なので、クリフハンガーに挑戦しないつもりでしたが、血が騒いでやってしまいました。前転の洗礼を受けました。もっと技術を磨いて出直します(笑)。
 
 
 
 
 

♯805 佐々木 勇気 選手 のコメント
前回、WEXの猫山高原スキー場に出たんですけど、8年ぶりのレースということもあって、順位が最下位に近かったんですけど、今回3位に入れてすごく嬉しいです。
 
 
 
 
 

♯619 園原 俊司 選手(オシャレイカチ☆モトピットヒオキ)のコメント
オシャレイカチと日置さんのおかげで、この成績を獲ることができました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯635山内 慎也選手(NARLEEZ ギッチャン)、同2位♯807川口 芳男選手、同3位♯805佐々木 勇気選手、同4位♯619園原 俊司選手(オシャレイカチ☆モトピットヒオキ)、同5位♯763荻野 史皓選手(BSソニックRC with 6348 RT & 荻商)、同6位♯810久保園 晃選手(Little Garage 千葉)、同7位♯634仁平 高修選手(SBS高坂)、同8位♯657笠田 隆昭選手、同9位♯656塩澤 秀登選手(カムイオート林道チーム5%)の順。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hottest Award
 
 

 
 
 

上段左からレースクイーンの早川里香さん、COMP-AA1優勝♯2渡辺 学選手(Twister Racing)、同2位♯3鈴木 健二選手(Blue Riders with YAMALUBE)、下段左から同3位♯1小池田 猛選手、COMP-AA2優勝♯018真田 治選手(YSP富山東 & 札幌高見道 & Mc japan)、COMP-A優勝♯163上田 康平選手(KYB)、COMP-B優勝♯301井口 侑耶選手(Team AK with KRC & バイクボンバー)、COMP-R優勝♯635山内 慎也選手(NARLEEZ ギッチャン)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

FUN-GP

 
FUN-A[上級者(有資格者限定)]
終わってみれば♯02神馬 健選手(OLD-KIDS YSP磐田)の圧勝だった。これで俄然、面白くなったのがランキングポイント。トップは♯046湯浅 将司選手(TEAM S☆S YUASA XC)で変わらないが、今回、♯02神馬選手が200ポイント加算によりトータル870ポイントをゲット。♯046湯浅選手との差は40ポイントと僅差なので、最終戦まで目が離せない展開になりそうだ。

・2018 FUN クラス別ランキング ・・・・

 
 
 


 
 
 

♯02 神馬 健 選手 (OLD-KIDS YSP磐田)のコメント
なんだか勝てちゃいましたけど、これもひとえに皆さんの応援のおかげです。
 
 
 
 
 

♯046 湯浅 将司 選手 (TEAM S☆S YUASA XC)のコメント
スタートしてから最後までずーっと2位だったんですけど、途中、実は1位に上がったりもしてました。でも1位の神馬さんが速すぎて、どうしようもなかったです。また次回頑張ります!
 
 
 
 
 

♯013 橋本 努 選手 (豊橋友の会&しんめいセンチュリー)のコメント
ローカルヒーローアワード、ありがとうございます。最近、COMP-Aの中島選手、大村選手にいろいろ教えてもらい、だいぶ乗れるようになってきたかなと思っています。
 
 
 
 
 

♯030 平田 武博 選手 (ハスクバーナ奈良)のコメント
神馬さん、湯浅さんがあまりにも速すぎて、もうAの上にSクラスを作っていただきたいくらいです(笑)。そんな訳で3位を目指しましたが、残念ながら4位でした…。今日はハスクバーナのTE150、2ストロークで、タイヤはシンコーの546を履かせてもらったんですけど、上りでもフロントがグイグイ浮いてくるくらいでした。
 
 
 
 
 

♯08 宇津野 泰地 選手 (MOTOCOWBELL RT)のコメント
今日は頑張ってトップを目指そうと思ったんですけど、上の人たちが速くてついて行けませんでした。1時間ぐらい走ったら熱中症気味になっちゃって、前も見えなくなってきて、ラスト2周でなんとか回復したんで追い上げたんですけど、厳しかったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯02神馬 健選手(OLD-KIDS YSP磐田)、同2位♯046湯浅 将司選手(TEAM S☆S YUASA XC)、同3位♯013橋本 努選手(豊橋友の会&しんめいセンチュリー)、同4位♯030平田 武博選手(ハスクバーナ奈良)、同5位♯08宇津野 泰地選手(MOTOCOWBELL RT)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

FUN-GP

 
FUN-B[入賞経験がそれなりにある中級実力者(有資格者限定)]
♯90野田 浩平選手(いちごみるくレーシング)は全周回で2位以内と堅実な走りを披露したが、いま一歩及ばず。1周目10位から、驚異的な追い上げで優勝を飾ったのが♯3吉崎 一弘選手(オシャレ☆アニキwithモトピットヒオキ)。ワイルドクロスパークGAIAのシーズン券を購入し、日々練習に励んでいるという情報が上がっているだけに、目が離せませんね! 現在、♯3吉崎選手はランキングトップを快走中だ。
 
 
 


 
 
 

♯3 吉崎 一弘 選手 (オシャレ☆アニキwithモトピットヒオキ)のコメント
爺ヶ岳に続き、ほうのきも1位を獲ることが出来ました。最初、下りの降りたところのキャンバーですっころんで、FUN-Cの人たちにも抜かれちゃって、終わったなぁと思いましたけど、なんとか頑張ってこの順位を獲れて嬉しかったです。
 
 
 
 
 

♯90 野田 浩平 選手 (いちごみるくレーシング)のコメント
今回は台風が来てて、やるかやらないかっていうくらいの感じだったんですけど、結果的にはコンディションが良くて、運営の皆さま、開催ありがとうございます。今日は前回同様、2位に入ることができたんですけど、シーズン序盤からこれだけ走れたらもう少し変わっていたかなぁと思います。まだ2戦あるので、次も頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 

♯60 室谷 采京 選手 のコメント
前の二人が速すぎて…。次は優勝が狙えるように頑張ります。
 
 
 
 
 

♯2 横山 悦之 選手 (Y.Y RACING/KTM東海)のコメント
今回ちょっと狙ったんですけど、前回の爺ヶ岳でエンジンが逝っちゃって、300ccにボアアップしたんですけど、300ccに翻弄されちゃってダメダメでした。なんとか追い上げて4位まで来たんですけど、トップ集団には追いつけませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯3吉崎 一弘選手(オシャレ☆アニキwithモトピットヒオキ)、同2位♯90野田 浩平選手(いちごみるくレーシング)、同3位♯60室谷 采京選手、同4位♯2横山 悦之選手(Y.Y RACING/KTM東海)、同5位♯54清水 太介選手(バイクボンバー)、同6位♯38高下 和嗣選手(A.I.R)、同7位♯19宮原 淳二選手(あんかけシスターズ/松代ヤマトオート)、同8位♯53野口 敬選手(KRCカワセレーシング)、同9位♯12足立 卓也選手(チーム スライドライド)、同10位♯10瀧村 泰自選手(バイクボンバー&KRC&オートスクアーク)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

FUN-GP

 
FUN-C[入賞経験が乏しい中級者]
♯302佐々木 一晃選手が速かった! 2番手までしか順位を下げず、終始安定した走りで今シーズン2勝目を挙げた。
 
 
 


 
 
 

♯302 佐々木 一晃 選手 のコメント
最初にシンコータイヤさん、いつもいいタイヤありがとうございます。今日のコースは、昨晩雨がすごかったんですけど、影響もなくベスコンで走れて、転倒も1回しかしなかったので気持ちよく走れました。
 
 
 
 
 

♯225 宮里 悠希 選手 (Team Break Out)のコメント
昨日の夜中にここに来て、雨がすごかったので心配したんですが、コースコンディションが良くて走りやすかったです。
 
 
 
 
 

♯447 廣田 優大 選手 (SeezooハスクバーナELF東名横浜)のコメント
今回はFUN-Cで一番いい順位になれたんで、次は優勝を目指して頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 

♯244 山本 三司郎 選手 (ウッズ下市ごきげんクラブXC)のコメント
昨日、優大君と一緒に下見行ったんですけど、全部ラインを盗まれてしまいまして、バシッと最後にやられました(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯302佐々木 一晃選手、同2位♯225宮里 悠希選手(Team Break Out)、同3位♯447廣田 優大選手(SeezooハスクバーナELF東名横浜)、同4位♯244山本 三司郎選手(ウッズ下市ごきげんクラブXC)、同5位♯213今坂 純也選手(DIRT SKIP)、同6位♯234中川 明選手(チキンレーシング盛岡 with MOTUL & 花平MSC)、同7位♯283鷲見 知彦選手(モトハウス248エンデューロ部)、同8位♯303杉ノ下 博久選手(KRCカワセレーシング・RSP service)、同9位♯551荒川 昌太郎選手(クロスエッジ)、同10位♯334鈴木 崇久選手(富士ライダース)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

FUN-GP

 
FUN-D[初級者及びFCクラスではまだ怖い中級者]
♯1005小松 誠一郎選手の堅実な走りが光った。1周目こそ2位に甘んじたが、2周目以降は誰にもトップを譲らずチェッカーフラッグを受けた。♯1005小松選手は今回200ポイントを加算し、トータル590ポイントでランキングトップに! このまま逃げ切るか、今後の戦いに注目したい。
 
 
 


 
 
 

♯1005 小松 誠一郎 選手 のコメント
大阪戦から2位、3位とちょろちょろしてて、ようやくここで優勝することが出来ました。この位置はサイコーですね。次も優勝してFUN-Cに昇格できるよう頑張ります。
 
 
 
 
 

♯105 9菅野 勝志 選手 (MOTOCOWBELL RT & チキンR福島)のコメント
後半、スタミナが切れてヘロヘロでしたが、次回も頑張ります。
 
 
 
 
 

♯1213 黒岩 右京 選手 (Husqvarna Nagano)のコメント
今日は1位を目指してやってきたんですけど、1位とはレベルの差がありすぎてダメでした。またよろしくお願いします。
 
 
 
 
 

♯1192 橋戸 慎二 選手 (バイクボンバー)のコメント
すごく楽しく走れました。今から子どもの中体連の試合があるので、がんばってそっちの応援に行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、優勝♯1005小松 誠一郎選手、同2位♯1059菅野 勝志選手(MOTOCOWBELL RT & チキンR福島)、同3位♯1213黒岩 右京選手(Husqvarna Nagano)、同4位♯1192橋戸 慎二選手(バイクボンバー)、同5位♯1058今野 智春選手(MOTOCOWBELL RT)、同6位♯1198西原 彰宏選手、同7位♯1199黒柳 央選手(あんかけシスターズ長野)、同8位♯1190谷口 和之選手(善五郎レーシング)、同9位♯1256安藤 学選手、同10位♯1154高島 孝太選手(UJIHARA Racing with 増田鈑金塗装)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

FUN-GP

 
WAA[女性最上級者(有資格者限定)]
今シーズンの♯2菅原 悠花選手(Seezoo ハスクバーナELF東名横浜)は速い! 開幕6連勝でチェッカーフラッグを受けた。
 
 
 


 
 
 

♯2 菅原 悠花 選手 (SeezooハスクバーナELF東名横浜)のコメント
すごい疲れたんですけど、COMPもあるんで頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
WA[女性上級者(有資格者限定)]
♯903近藤 香織選手(WRパワーレーシング with YAMALUBE)と♯911増田 まみ選手(Husqvarna東名横浜&芋屋金次郎)との一騎打ちという展開になったのがFUN-WA。8周中、後半2周だけ♯911増田選手がトップにたったが、残りは♯903近藤選手が抑え、優勝を手にした。
 
 
 


 
 
 

♯903 近藤 香織 選手 (WRパワーレーシング with YAMALUBE)のコメント
今回は台風の影響でどんなコンディションになるのかなぁと思ってたんですが、お天気良くて、走りやすくて良かったです。応援、サポートありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
WB[女性中級者]
前回のジョニエル-Gで優勝を飾った♯933高主 祐子選手(あんかけシスターズ/ゴーゴータートル)が途中リタイヤ。こうなると♯941小澤 いずみ選手(二倫教育委員会)の独擅場だ。今シーズン2勝目を挙げた。
 
 
 


 
 
 

♯941 小澤 いずみ 選手 (二倫教育委員会)のコメント
やっとYZ125X近藤香織さん仕様で、この場に一緒に立つことが出来て嬉しいです。あとシンコータイヤさん、ありがとうございます。子どものレースで昨日、娘がようやく優勝できて、私も負けないように頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
WD[女性初級者]
♯968松本 亜希子選手(MOTO STYLE +SHINKO)の調子が良かった。今シーズン4勝目を挙げ、ランキングもトップを堅持。このまま逃げ切るか!?
 
 
 


 
 
 

♯968 松本 亜希子 選手 (MOTO STYLE +SHINKO)のコメント
今回も苦手な下りが結構盛りだくさんで、下見の段階で凹んでたんですけど…。さらに夜中に雨が降ってどうしようかなぁと思ってたんですけど、思いの外、ベスコンで、シンコータイヤが最高にグリップしてくれたんで、不安なく走ることが出来て優勝につながったと思います。ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、FUN-WAA優勝♯2菅原 悠花選手(Seezoo ハスクバーナELF東名横浜)、FUN-WA優勝♯903近藤 香織選手(WRパワーレーシング with YAMALUBE)、FUN-WB優勝♯941小澤 いずみ選手(二倫教育委員会)、FUN-WD優勝♯968松本 亜希子選手(MOTO STYLE +SHINKO)の順。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hottest Award
 

 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、FUN-A優勝♯02神馬 健選手(OLD-KIDS YSP磐田)、FUN-B優勝♯3吉崎 一弘選手(オシャレ☆アニキwithモトピットヒオキ)、FUN-C優勝♯302佐々木 一晃選手、FUN-D優勝♯1005小松 誠一郎選手、FUN-WAA優勝♯2菅原 悠花選手(Seezoo ハスクバーナELF東名横浜)、FUN-WA優勝♯903近藤 香織選手(WRパワーレーシング with YAMALUBE)、FUN-WB優勝♯941小澤 いずみ選手(二倫教育委員会)、FUN-WD優勝♯968松本 亜希子選手(MOTO STYLE +SHINKO)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

キッズ & トライ

 

JH-Mini[中学生]
後半になるほどラップタイムが早くなった♯8青木 琥珀選手が優勝。全周回トップですね。おめでとう!

 

 

 


 
 
 

♯8 青木 琥珀 選手 のコメント
今回JNCC初めてのレースなんですけど、緊張しないで最後まで走ることが出来ました。支えて下さった方々、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SK-Mini[小学生(3-6年生)]
♯112嶋岡 虎汰朗選手(ウッズ下市ごきげんクラブ)がずば抜けて速かった。2位に3周差をつけての優勝はお見事!
 
 
 


 
 
 

♯112 嶋岡 虎汰朗 選手 (ウッズ下市ごきげんクラブ)のコメント
昨日の夜に雨が降ってたので、ドロドロかなと思ってたんですけど、ベストコンディションで良かったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トライ-Men[XC入門者及びFDではまだ怖い初級者]
♯308龍山 卓矢選手(人壽工業RT with フラットGP)と♯301日置 高久選手(モトピットヒオキ&オシャレイカチ)とのデッドヒートが圧巻だった。最終的には♯308龍山選手が木製の表彰楯をゲットしたが、2位の♯301日置選手とは1/100秒差!
 
 
 


 
 
 

♯308 龍山 卓矢 選手 (人壽工業RT with フラットGP)のコメント
今日は日置さんの後ろをずっとついてて、こぶし大ぐらいの石をぶつけられながら走ってまして、途中、離されたんで諦めかけたんですけど、だめもとで最終コーナーに突っ込んだら武豊ばりに差し込めました。ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トライ-Women[XC入門者及びFDではまだ怖い初級者]
このクラスは♯503池 知美選手(レーシングチーム鷹MCR)のひとり旅。お疲れ様でした!
 
 
 


 
 
 

♯503 池 知美 選手 (レーシングチーム鷹MCR)のコメント
坂はちょっと難しかったんですけど、楽しく走れて良かったです。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 

左からレースクイーンの早川里香さん、JH-Mini 優勝♯8青木 琥珀選手、SK-Mini優勝♯112嶋岡 虎汰朗選手(ウッズ下市ごきげんクラブ)、同2位♯110瀧村 然自選手(バイクボンバー&KRC&オート)、トライ-Men優勝♯308龍山 卓矢選手(人壽工業RT with フラットGP)、同2位♯301日置 高久選手(モトピットヒオキ&オシャレイカチ)、同3位♯305大矢 勝行選手(チーム スライドライド)、同4位♯347小田 皓喜選手(チキンレーシング盛岡 with MOTUL)、トライ-Women優勝♯503池 知美選手(レーシングチーム鷹MCR)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

FCX
無料チャイルドクロス

 
 
 

JNCC第6戦の前日に行われたFCXには11名のちびっこライダーがエントリー。なかなかの盛況ぶりです。スタート前に泣き出してしまい、走り出せなかったちびっこもいましたが、大いに盛り上がったFCXになりました。
 
 
 
 
 
チャイルド[5歳~小学2年生:CRF50・TT-R50・KTM50SX・TC50・DR-Z50・KDX50 に限定]
ピーウィ[4歳~小学2年生:PW50・QR50に限定]
 
 

チャイルド・ピーウィー優勝 ♯202 星野 太河 選手 (Five Star RT)

 
 

 
  

同2位 ♯104 小澤 唯 選手 (二倫教育委員会)
 
 
 
 
 

同3位 ♯101 橋本 大喜 選手 (豊橋友の会)
 
 
 
 
 

同4位 ♯105 麻生 巧馬 選手 (Little Garage千葉)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨツバ[3歳~小学2年生:ヨツバモト車種問わず]
 
 

ヨツバ優勝 ♯6 小林 龍矢 選手 (闢廬零神愚)
 
 
 
 
 

同2位 ♯4 松尾 颯大 選手 (FFF Racing & stars trading)
 
 
 
 
 

同3位 ♯9 薮田 薫選手
 
 
 
 
 

同4位 ♯12 伊藤 子龍 選手 (たちごけ)
 
 
 
 
 

同5位 ♯5 小澤 勝恒 選手 (二倫教育委員会)
 
 
 
 
 

同6位 ♯7 松尾 栞汰 選手 (FFF Racing & stars trading)
 
 
 
 
 

同7位 ♯10 薮田 葵 選手 (Little Garage千葉)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 

左からプレゼンターの小池田 猛選手、ヨツバ優勝♯6小林 龍矢選手(闢廬零神愚)、同2位♯4松尾 颯大選手(FFF Racing & stars trading)、同3位♯9薮田 薫選手、同4位♯12伊藤 子龍選手(たちごけ)、同5位♯5小澤 勝恒選手(二倫教育委員会)、同6位♯7松尾 栞汰選手(FFF Racing & stars trading)、同7位♯10薮田 葵選手、チャイルド・ピーウィー優勝♯202星野 太河選手(Five Star RT)、同2位♯104小澤 唯選手(二倫教育委員会)、同3位♯101橋本 大喜選手(豊橋友の会)、同4位♯105麻生 巧馬選手(Little Garage千葉)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

REDTAIL
ビンテージ・クロスカントリー

 
 
 

今回は遠く岩手県から2台のエントリーがあり、計7台の名車が勢揃い。台風直撃が心配され、「雨が降ったら出ないよ」という声も聞こえていたため、まずは晴れてひと安心といったところだ。レースは総合1位、2位のタイムが僅差だったため、大いに盛り上がった。
 
 
 
 
 
70's open[1979年以前・排気量 126cc 以上]
 
 


 
 
 

優勝 ♯1 小木曽 晃 選手 (KRCカワセレーシング)のコメント
今回は地元開催ということで、まずは出られて良かったと思います。いつも神馬ちゃんとか川原くんとか日置さんとか、4台5台なんですけど、今日は遠くから、東北の方からも参加していただき嬉しく思います。ちょっとね、僕のマシンは水冷で81なのでみんなに怒られたんですけど、それでも一生懸命走りまして、楽しく終われたので良かったと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
70's open[1979年以前・排気量 125cc 以下]
 
 


 
 
 

優勝 ♯54 川原 茂広 選手 (KRCカワセレーシング)のコメント
最後の最後に抜けなくて非常に悔しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 

左からプレゼンターの小池田 猛選手、70’sオープン優勝♯1小木曽 晃選手(KRCカワセレーシング)、同2位♯8神馬 健選手(OLD-KIDS YSP磐田)、70’sオープンライト優勝♯54川原 茂広選手(KRCカワセレーシング)、同2位♯56鈴木 義美選手(ラストサムライ)、同3位♯69日置 高久選手(モトピットヒオキ&オシャレイカチ)、同4位♯55畑中 優徳選手(KRCカワセレーシング)の順。
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

Editor's Eye

 
  

 
渡辺 学、今シーズン初優勝!
久しぶりの1等賞だ! 思えば昨シーズンのドリーミンほうのき以来、1年ぶりの優勝である。レース後、♯2渡辺 学選手のパドックでお話をうかがった。
まずは久しぶりの優勝おめでとうございます!
 
「久しぶりですね。そんなに変わったことはしてないですけどね」
若手の育成にも力を入れていますが、それが功を奏したとか?
「一緒に参加できるトレーニングには私も参加したり、クルマでのサポートが必要な場面ではクルマでついて行ったりしています。子どもたちが頑張っているのに、私が頑張らないわけにはいきませんし、いい見本になれるようになればいいと思ってやっています」
 
今日のレースを振り返るといかがでしょうか?
「前半はコースが全然わからなくて、健二さんと逆走しちゃったんですけど…。下見のときはコースロープがなかったんで、こっちかなぁと思って健二さんの後をついていったら、後ろ見たらみんな違う方向に向かってて、その時点で心は折れましたね。せっかく今まで一生懸命やってきて、こんな簡単に、コースが分からなくてビリに…。スタートしてすぐに飛び石でゴーグルが壊れて、ピットに入らなきゃいけなくなったのも痛かったです」
 
健二さんを抜いて1位に立ったのは後半でしたよね?
「健二さんは給油のタイミングを遅らせているのが分かってたので、ピットに入るまでは引っ張っているんだろうな…と。給油のタイミングで逆転は出来るだろうと踏んでました。前半は流してましたが、後半に向けて徐々に追い込んでました。」
 
勝利を確信したのはいつ頃ですか?
「トップに出たときは勝てるかなぁと思いました。コースは比較的簡単だし、ミスるような所もないんで、5秒の差でも結構なマージンになるので。トップに出て、後ろがいなくなったので、これは勝てるかなと思いました。」
終わってみれば、2位に1分13秒の大差をつけて優勝。マナブさん、おめでとうございます!